残業や休日出勤もある可能性が!

zangyou乳児院で暮らしている子どもたちにとって、
乳児院で働いているスタッフは、
自分の家族。と思っている子どももいます。

常に自分たちのことを思ってお世話をしてくれるため、
やはりスタッフのことを頼る気持ちは強いですよね。

 

中には、スタッフが退勤して帰宅するときには、
泣いてしまいなかなか帰ることが出来ないくなってしまう。
というケースもあります。

仕事は終わったから、
と割り切って帰ることは可能ですが、
日頃お世話をしている小さな子どもたちにこのように泣かれたら?

 

とても置き去りにして帰ることが出来ない。
という看護師はとても多いんですよね。

そこでつい居残ってお世話をするということも多くなります。
このようなお世話というのは業務ではありませんので、
残業が付くことがありません。

 

結局遅くなってしまった。
と思うことも多くなりますが、
それでも子どもの顔を思浮かべると、納得しちゃう看護師も多いんですよね。

 

残業代が付かなくても居残ってしまうくらい
愛情を注いでいる子どもたち。

でも、自分が非番の日に体調を悪くしてしまった場合、
呼び出しによって急遽出勤する可能性も出てきますよね。

 

乳児はちょっとした環境の変化でも体調を崩しやすいので、
いつもならいるはずの看護師がいない。
というだけでも体調を崩してしまう事もあります。

子どもの体調次第では、
休日出勤を頼まれることは十分にあるということは、
理解する必要がありそうですね。

Comments are closed.