乳児院看護師の残業ここだけの話

夜勤もあるの?

qhetgawgwa
乳児院と一言で言っても、
収容人数や経営している母体の違いによって
様々な方針があります。

残業はないけど夜勤はあるということも考えられるし、
その逆も大いに考えられます。

 

乳児院は、一般病棟にいる患者さんが
赤ちゃんに変わっただけとは
一言では言えません。

しかし、勤務体系に関しては
さほど違いはないものと考えていいです。

 

給料に関しても残業手当がつくのか、
夜勤手当がつくのかと
名前が違えど、何かしらの報酬はもらえます。

予期せず残らされることがあるのか、
初めから夜中の仕事をするとわかっているのか
という違いはあります。

 

しかし、病院で勤務している人と
さほど変わらないくらい残るのは
覚悟しておいた方がいい
です。

 
 
 

緊急のシフト変更もある?

また、病院では常駐していない保育士など
違う職業の人も一緒に働いています。

そのため、体調悪化で休んでしまったりすると
代わりの人があまりいない
ということが考えられます。

 

大きな施設であれば多くの職員を採用しているため、
シフトを代わってもらえることもできます。

しかし、小さいところだと、自分が倒れてしまえば
他の人に大きな負担をかけてしまいます。

 

看護師がたくさんいるところで働いた方がいいのか、
連携が取りやすい小さいところがいいのか

考えるといいかもしれません。

 
 
 

乳児院での看護師の仕事

lvcfeig
看護師の職場は、医療機関だけではありません。
老人福祉施設や介護施設、
あるいは乳児院という施設などが存在します。

乳児院とは、
あまり聞きなれない施設かもしれません。

 

児童福祉施設の一種であり
生まれてすぐから1歳未満までの乳児を
受け入れる施設です。

両親の様々な理由や、乳児自身の障害などで
入所者を占めています。

 

最終的には、両親や親族あるいは特別養子縁組、
児童養護施設などに引き取られますが、
看護師の役割はこの間の乳児の健康管理が主体となります。

基本的には医師などを含む
医療従事者の配置義務が存在する
ので、
この様な自動福祉施設で募集や採用があることは
一般的といえます。

 
 
 

空き時間には子供と遊ぶ事も♪

乳児の健康管理と言っても
非常に大変な環境になります。

乳児は当然ながら
痛みや不安を言葉で表すことが出来ないため、
鳴き声や表情でしかとらえる事ができません。

 

また、季節に応じた環境変化に
対応しにくい体のつくりな為に
体調を崩しやすいものです。

それらの対応で
残業となってしまう事があります。

 

また、勤務時間帯に体調変化の対応に追われ、
記録やリネン類の片づけなどで
残業となることもしばしばです。

しかし、乳幼児の笑顔は
母性本能をくすぐるものであり、
空いた時間に子供と遊ぶことも
あります。

 

ですので、時間の束縛と言うものは
あまり感じ取られない職場
であります。